DNS設定変更前にサーバー移行先のサイトを確認 hosts設定

hostsファイルの設定WP 設定
hostsファイルの設定
WP 設定

DNS設定とIPアドレスとドメイン

DNS(ドメイン・ネーム・システム) はドメインとIPアドレスを管理するシステムです。

IPアドレスコンピューターが理解するインタネット上の住所
ドメイン人にわかりやすいインタネット上の住所

IPアドレスは数字が並んでいます。人にわかりやすくする為にドメインがあります。

  • IPアドレス 123.456.78.9
  • ドメイン example.com

DNSで、ドメインをIPアドレスに変換します。

DNS設定とIPアドレスとドメイン
DNS設定とIPアドレスとドメイン

DNS変更前にサーバー移行先のサイトを確認

ドメインIPアドレス
サーバー移行前example.com123.456.78.9
サーバー移行先example.com321.456.78.9

DNSでドメインにIPアドレスを関連付けた方にアクセスする

hostsファイルの設定
hostsファイルの設定

hostsファイルで設定すると、サーバー移行前に example.com で 321.456.78.9 にアクセスできます。

hostsファイルでドメインにIPアドレスを関連付ける

hostsファイルの設定の利点

  • 移行先のサイトを表示する前に、サイトのチェックができる
  • 不具合があった時にサイトの運営を止めずに済む

hostsファイルを利用すると、サイト切替のタイムロスが少なくて済むかもしれません。

サーバー移行(WordPressのお引越し)の手順

  1. DNS設定変更(ここまで移行元のサイトが表示される
  2. 移行先のドメイン・サイト設定
  3. 移行先でサイトを表示
  4. 移行先へファイルのインポート←サイト完成

移行先へのファイルのインポートはDNS設定変更前後に行います。手動(FTP)の場合はDNS変更前にもできますが、プラグインを利用する場合はDNS設定変更後にインポートします。

hostsファイルを設定変更したサーバー移行

  1. 移行先のドメイン・サイト設定(ドメインの設定で一時的にDNS変更)
  2. hostsファイルの設定
  3. 移行先へファイルのインポート←サイト完成
  4. DNS設定変更(ここまで移行元のサイトが表示されている
  5. 移行先でサイトを表示

hostsファイルを利用する条件

  • 独自ドメインであること

Windows10 hostsファイルを編集する手順

  1. タクスマネージャーを起動(Ctrl+Shift+Escで起動) 
  2. ファイル→新しいタスクを実行
  3. 「このタスクに管理者特権を付与して作成します」にチェックを入れ cmd.exeを開く
  4. notepad.exe C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts と入力
  5. hostsファイルを編集
  6. ファイル上書き保存

ファイル→新しいタスクを実行→ cmd.exe を開

hostsファイルの設定
hostsファイルの設定

cmd.exe コマンドプロント

notepad.exe C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts と入力

hostsファイルの設定
hostsファイルの設定

hostsファイルを編集

  1. hostsファイルの一番下にサーバーのIPアドレス・半角スペース・ドメイン名を追加
  2. ファイル→上書き保存する

例(IPアドレス 321.456.78.9 ドメイン example.com)

321.456.78.9 example.com
321.456.78.9 www.example.com

hostsファイルの設定
hostsファイルの設定

これで、example.com にアクセスすると、321.456.78.9に設定したサイトが表示されます。hostsファイルで設定したPCだけが、IPアドレス 321.456.78.9のサイトにアクセスでき、一般的には123.456.78.9のサイトに繋がります。

hostsファイルの設定を元に戻す

追加した記述を削除して、上書き保存する

321.456.78.9 example.com
321.456.78.9 www.example.com

を削除する

DNSの設定

ゆきををフォローする
WordPress を簡単に
タイトルとURLをコピーしました