DNS設定 / DNSレコードの設定

DNSレコードWP 設定
DNSレコード

DNS(ドメイン・ネーム・システム)とは

DNSとは、ドメインとIPアドレスを管理するためのシステムで、ドメイン名をIPアドレスに変換する機能があります。

IPアドレス 123.456.781.23
 ↓数字を覚えやすくしたもの
ドメイン  example.com
URL  example.com/hoge/ ←この太文字がドメイン

ドメインからIPアドレスなど情報を調べることができます。

IPアドレス

IPアドレスは、3桁4つの数字の組み合わせで、インターネットに繋がったものはすべてIPアドレスを持っています。IPアドレスによって、機器同士でデータ通信ができます。

ドメイン

IPアドレスは最大12桁の数字が並びます。この数字を覚えやすい名前にしたものがドメインです。

DNSレコード

DNSレコードは、IPアドレスにドメインを関連付けます。

DNSレコード
DNSレコード

画像のレコードの意味は以下の通りです。

aIPv4 IPアドレスとホスト名を関連づけるレコード
aaaaIPv6 IPアドレスとホスト名を関連付けるレコード
mxメールサーバ―の設定・IPアドレス
txtホストの情報を記載
*全キャッシュレコード

DNSレコードの設定での注意点

変更が反映されるまでに5〜30分程度かかる場合があります。

設定後、しばらく反映されるまで様子を見ます。

DNS設定の例

例1 example.com

  • example.com のIPアドレス 123.456.78.123
a * 123.456.78.123
mx @ 10
txt @ v=spf1 ip4:123.456.78.123 ~all

例 2 hoge.example.com を追加

hoge.example.comを2つ目のサーバーに設定。

  • example.com のIPアドレス 123.456.78.123
  • hoge.example.com をIPアドレス 234.567.89.123
a * 123.456.78.123
mx @ 10
txt @ v=spf1 ip4:123.456.78.123 ~all
a hoge 234.567.89.123

上記のレコードを細かく説明

全キャッシュレコード

DNS(Domain Name System ネームサーバー)の全てのタイプのすべてのレコードを回答します。

sub1.example.com
sub2.example.com
sub3.example.com
a*123.456.78.123

同じホストに対してサブドメインを恒久的に割り当てる場合はワイルドカードを利用できます。

mxレコードで指定されたIPから送信するよという宣言です。

タイプがMXレコードの場合のみ。数字が小さい方が優先度が高い。

優先値は一般的には10が最優先の値として使われますが、
任意の数値を入力いただいてもかまいません。

SPFレコード

TXTレコードは、v=spf1 から始まります。末尾の ~all は、設定以外のアドレスは認証しないということです。

SPF を設定することで、迷惑メールの送信者によってご利用のドメインから不正なメールが送信されるのを防ぐことができます。

SPFは、ドメインを利用したなりすましを防ぐためのメール セキュリティ手段です。

support google
  • SPF レコードは テキストレコード
  • SPF レコードは v=spf1 で始まる
  • ~all引数を記載 (それ以外から受信しない)
  • 空白は半角である
txt @ v=spf1 ip4:123.456.78.123 ~all

既存の SPF レコードにメールサーバーを追加するには、~all 引数の前にサーバーの IP アドレスを入力します。

support google

DNSレコードの設定一覧

Aレコード(Address)IPv4アドレスを指定
AAAA IPv6アドレスを指定
MXEメールサーバ―の設定・IPアドレス
MXメールサーバーの設定・ドメイン名ホスト名
CNAMEホスト名を指定
TXTホストの情報を記載
URL転送URLを指定
URLフレームURLを指定

URL転送は、あるURLにアクセスした時に別のURLに移動させることをURL転送といいます。

リダイレクトは、転送すると転送先のURLも新しいURLが表示されます。

フレーム転送とは、転送しても転送元のURLがブラウザのアドレスバーに表示されます。

リダイレクト転送フレーム転送
転送元example.comexample.com
転送先example.jpexample.com
ホームページは転送先が表示される

DNSレコードの書き方一覧

Awww.example.com a www 123.456.78.123
AAAAPv6.example.comaaaa ipv6 1234::123
MXexample.com (123.456.78.123)
優先順位10
mx @ 10
a @ 123.456.78.123
mx1.example.com (123.456.78.123)
優先順位10
mx  mx1.example.com . 10
a mx1 123.456.78.123
TXT 123.456.78.123txt @ v=spf1 ip4:123.456.781.2 ~all

DNSレコード 書き方、詳しくは下記リンクへ

タイトルとURLをコピーしました