スポンサーリンク

アドセンス広告の設置手順

アドセンスの自動広告の設置WP 設定
アドセンスの自動広告の設置
WP 設定
スポンサーリンク

Google Adsenseの設置

Google Adsense の審査リクエストした後、審査が終了するとすぐに広告が表示されます。審査リクエスト後、広告の設置をしておき、審査の終了を待ちます。

まずは簡単な「自動広告」を設置しておきます。

  1. 左のメニューより広告をクリック
  2. 広告掲載の自動化が表示されている
  3. 「コードを取得」をクリック
  4. コードをコピーをクリック

このコードを<head></head> 間に貼ります。

「コードを取得」をクリック

アドセンスの自動広告の設置
アドセンスの自動広告の設置

コードをコピー

アドセンスの自動広告の設置
アドセンスの自動広告の設置
SPONSOR
スポンサーリンク

自動広告のアドセンスコードをサイトに貼る

ウェブサイトの<head></head> 間にアドセンスコードを貼る方法はいくつかあります。

  • テーマファイルエディッタで直接<head> ~</head>内に貼る
  • プラグインを利用して広告を設定する
    • プラグイン「Advanced Ads」を利用する
    • プラグイン「Site kit」利用する
  • テーマを利用して広告を設定する

テーマファイルエディッタで自動広告のコードを貼る

子テーマの「header.php」に、自動広告のコードを貼ります。

  1. ダッシュボード→外観→テーマファイルエディッタ
  2. 子テーマの「header.php」を開く
  3. <head></head> 間に自動広告のコードを貼る
  4. 保存する
アドセンスコードをheadタグ間に貼る
アドセンスコードをheadタグ間に貼る
スポンサーリンク

プラグイン「Advanced Ads」で自動広告の設定をする

プラグインで自動広告の設定をする場合は、<head></head> 間にコードを貼る必要はありません。

  1. パブリッシャーID (広告運営者ID)を入力
  2. 自動広告にチェックを入れる

パブリッシャーID(pub…)と自動広告にチェックを入れるだけで、自動広告が表示されます。

Advanced Ads
Advanced Ads

Advanced Ads詳しい設定は下のリンクを参照

スポンサーリンク

広告ユニットを表示する場合

自動広告ではなく、広告ユニットを表示することもできます。

Adsenseで広告ユニットのコードを取得して、広告を表示したい場所に貼ります。

  1. Adsenseで広告ユニットのコードをコピー
  2. ウェブサイトに広告ユニットのコードを貼る

Adsenseで広告ユニットのコードをコピーする

  1. メニュー→広告をクリック
  2. 「広告ユニットごと」タブを開く
Adsense の広告ユニットの広告コードを取得する
Adsense の広告ユニットの広告コードを取得する

広告ユニットは4種類あります。

  • ディスプレイ広告
  • インフィード広告
  • 記事内広告
  • Multiplex

それぞれの広告ユニットがどのように表示されるか詳細は、下のリンクをご参考ください。

広告ユニットを選択→コードをコピーする

広告ユニットを選択し、広告コードを取得、コピーします。

  1. 広告ユニットを選択
  2. わかりやすい名前を付ける
  3. 固定またはレスポンシブを選択
  4. 作成をクリック
  5. 広告をコピーする

固定またはレスポンシブを選択

広告コードをコピーする

Adsense の広告ユニットの広告コードを取得する

ウェブサイトに広告ユニットのコードを貼る

ウェブサイトに広告ユニットのコードを貼る方法は、テーマまたはプラグインを利用します。

  • プラグイン「Advanced Ads」を利用する
  • プラグイン「Ad Inserter」を利用する
  • 広告の表示を設定できるテーマもある

プラグイン「Advanced Ads」の詳細については上記のリンクをご参考下さい。

SPONSOR
SPONSOR
スポンサーリンク
FOLLOW
WordPress を簡単に
タイトルとURLをコピーしました