スポンサーリンク

AMPページの確認とAMPテストとAMPエラー

AMP導入・設定・デザインWP 設定
AMP導入・設定・デザイン
WP 設定
スポンサーリンク

AMPページの確認

AMPページのアドレスは、通常のアドレスに「/amp」を付け

  • https://example.com/amp

プラグイン「AMP for WP」を使っている場合

ダッシュボードの左上のホームアイコン、「サイトを表示」の下に「Visit AMP」があり、クリックするとAMPページが表示されています。

SPONSOR
スポンサーリンク

AMPテスト

AMPテスト→https://search.google.com/test/amp

  1. テストするURLを入れる
  2. テストの実行をクリックする
AMP導入・AMPテスト
AMP導入・ AMPテスト
スポンサーリンク

AMPページを構造化テストツールで確認

  1. 省略可能な値を探すをクリックする
  2. 構造化テストツールで確認する
AMP導入・構造化テストツール
AMP導入・ 構造化テストツール

上に記載しているように「Default Structured Data Logo」の画像のURLと「Default Post Image」の画像のURLを設定しなければ、赤い四角の部分に警告が出ます。

スポンサーリンク

AMPエラー「ユーザー作成の JavaScript がある」

<script type=”text/javascript” src=”https://ad.example.ne.jp/js/server-wp.js”></script>

無料サーバーを使っており、サーバーが埋め込んだ広告があるためにAMPエラーが出ました。

AMPエラー
「AMP ページが Google のガイドラインに準拠していない」
「ユーザー作成の JavaScript がある」

無料サーバーの広告なので、ガイドラインに準拠していなくても変更ができません。AMPに対応することを止めました。

スポンサーリンク

AMPを止める

  • AMPを無効とする
  • AMPページをなくしたことによる404エラーは、消えるまで様子をみる

無料のサーバーでなければ、利用しているプラグインやテーマで問題はありませんでした。

スポンサーリンク

AMPエラー「推奨サイズよりも小さい画像サイズ」

GoogleのAMPページのガイドラインに準じてない場合、エラーとなります。

プラグイン「AMP for WP 」 によると

we have already fixed this issue and pushed in 0.9.97.27 version. 

AMP for WP 

少し前に出ていたエラーで、今はこの画像のサイズに関するエラーは出ないと思われます。

GoogleのAMPページのガイドライン 画像に必要なプロパティ

Google Search Consoleでエラーを発生させたくない場合の必要なプロパティです。

  • 画像の幅は1200ピクセル以上
  • 各ページに1つ以上の画像が含まれている
  • アスペクト比が 16×9、4×3、1×1

つまり画像のサイズは1200×675ピクセル以が1つ必要

  • タイトルは全角55文字以下
  • ロゴ(画像)は必須(600×60ピクセル)

参考 Google のAMPページ ガイドライン他

プラグイン「AMP for WP 」のバージョンアップ(0.9.97.27 version.)によるためか、実は現在、画像の幅が1200ピクセル以下であったり、画像を表示させてないページでもエラーは出ません。

SPONSOR
SPONSOR
スポンサーリンク
FOLLOW
WordPress を簡単に
タイトルとURLをコピーしました