無料でもAMPエラーにならない/カスタム JavaScript は使用できませんの原因

AMPエラーwebサイト制作
AMPエラー
webサイト制作

AMPエラーの確認手順

Google Search Consolで右側のAMPの項目でAMPエラーの確認ができます。

  1. Google Search Consol にアクセスする
  2. 側のAMPを開く
  3. AMPエラーがある場合、詳細にエラーの型と数が表示されている
  4. 詳細をクリックする

エラーの詳細→URLの検査

エラーの詳細をクリックすると、エラーの数とURLが表示されます。そのUELの検査をします。

  1. URLにカーソルを持って行く
  2. 虫眼鏡アイコン(URLを検査)をクリックする
AMPエラー
AMPエラー

エラーの部分を表示させる

URLの検査で、AMPは無効で、AMPページはインデックスに登録されており、問題は「カスタム JavaScript は使用できません。」とのこと。

AMPエラー

エラーであるカスタム JavaScriptの部分を表示させます。

  1. クロール済みのページを表示 をクリック
  2. エラーの「カスタム JavaScript は使用できません。」をクリック
  3. 問題のあるJavaScriptがで表示される
AMPエラー
AMPエラー

AMPエラー「カスタム JavaScript は使用できません。」の原因

エラーの部分(カスタム JavaScript)として表示されたURLをチェックします。

Netowl(StarServerフリー)の場合

<script type=”text/javascript” src=”https://ad.netowl.jp/js/star-php.js”>
</script> 

Xdomain(XFREE)の場合

<script type=”text/javascript” src=”https://ad.xdomain.ne.jp/js/server-wp.js”>
</script> 

無料のサーバーはモバイルページに広告が入る場合があります。StarServerのフリーのサーバー「StarServerフリー」やエックスサーバーのフリーのサーバー「XFREE」の場合は上のように無料である代わりに広告が入ります。

それが原因でAMPエラーとなります。このAMPエラーを解決するには、「StarServerフリー」と「XFREE」を使わない方法を考えるしかありません。

フリーでもAMPエラーにならない無料サーバー

私が利用している無料のサーバーでAMPエラーにならないサーバーがあります。

Netowl(StarServer) の フリー WP です。wpblog.jp はフリーWPの初期ドメインです。

AMPエラーにならない無料サーバー
AMPエラーにならない無料サーバー

しかし、フリーWPはプランの提供を終了します。

『フリー WP』『フリー WP プレミアム』は2022年3月31日正午をもってプラン提供を終了

StarServer
ゆきををフォローする
WordPress を簡単に
タイトルとURLをコピーしました