sponsor

変更する前にバックアップすることをオススメします。

簡単にお引越し サイト開設からサイト移行まで/All-in-One WP Migration

「hostsファイル」と「DNS」 webサイト制作
「hostsファイル」と「DNS」
webサイト制作WP プラグイン
sponsor
sponsor

どのような場合にAll-in-One WP Migrationを利用するのか

ドメイン、URLの変更のないサイトの移行(引っ越し)に利用します。

  • All-in-One WP Migration はURLの変更のないサイトの移行に便利
  • WordPressのエクスポート・インポートt はURLの変更を伴うサイトの移行に便利

投稿記事の一部だけの移動は、下のリンクをご参考ください。

どのような手順でAll-in-One WP Migrationを利用するのか

移行元と移行先にプラグイン「All-in-One WP Migration」をインストールして使います。

  1. 移行元でAll-in-One WP Migrationを利用しエクスポートする
  2. 移行先にWordPressをインストールする
  3. 「hostsファイル」で移行先のサイトを表示させる
  4. 移行先でAll-in-One WP Migrationを利用しインポートする
  5. 移行先のAll-in-One WP Migration

「hostsファイル」を使うことで、DNSの変更なしで、サイトを表示できます。

「hostsファイル」について

ご自身のPCの「hostsファイル」を利用することで、DNSの変更前に、サイトを確認できます。

「hostsファイル」と「DNS」
「hostsファイル」と「DNS」
sponsor

移行元での手順(ファイルのエクスポート)

プラグイン「All-in-One WP Migration 」のインストール→有効化

  1. プラグイン→新規追加で「All-in-One WP Migration 」を検索
  2. インストールし有効化する
「All-in-One WP Migration 」で移行
「All-in-One WP Migration 」で移行

「All-in-One WP Migration 」でエクスポート

WordPressやプラグインは最新のものに更新しておきます。

  1. エクスポートを選択
  2. 高度なオプションでエクスポートしないものにチェックを入れる
  3. エクスポート先のファイルをクリックする
  4. ファイルをダウンロードをクリック
  5. PCにファイルがダウンロードされる

高度なオプション→不要なものをチェック

「All-in-One WP Migration 」でエクスポート
「All-in-One WP Migration 」でエクスポート

エクスポート先 ファイルをクリック

「All-in-One WP Migration 」でエクスポート
「All-in-One WP Migration 」でエクスポート

エクスポートするファイルが大きい場合

「All-in-One WP Migration 」でエクスポート
「All-in-One WP Migration 」でエクスポート

無料でエクスポートできるファイルのサイズは512MBです。

メディアライブラリをエクスポートしないで、後で画像ファイルのみインポートします。ファイルが大きい場合に「エクスポートしない」ものとして選択するのは、メディアライブラリ、テーマ、プラグインが良いと思います。

  • データベースはエクスポートした方が良い

メディアライブラリにチェックを入れる

「All-in-One WP Migration 」でエクスポート
「All-in-One WP Migration 」でエクスポート

エクスポートサイズ 512MB以下になったファイルをダウンロードする

「All-in-One WP Migration 」でエクスポート
「All-in-One WP Migration 」でダウンロード
sponsor

移行先のサイトにWordPressをインストールする

  1. 移行元と移行先のPHPのバージョンを同じにする
  2. ドメインとサイトを作成する

移行先のドメインの作成

サイト移行 ドメインの設定(コアサーバーV2)
サイト移行 ドメインの設定(コアサーバーV2)

コアサーバーV2の場合は、DNSの設定を変更しなくても、SSL有効にチェック入れてドメインを作成できます。

移行先に設定したドメインへWordPressをインストールする

①ツール→②アプリインストール→③アプリ・ブラウザー

サイト移転先にWordPressをインストールする
サイト移転先にWordPressをインストールする

WordPressをインストールする(URLは http://を選択する)

サイト移行 ドメインの設定
サイト移行 ドメインの設定
  • http://を選択する

ここでSSL化すると、hostsファイルを使い移行先のサイトを確認する時に「この接続ではプライバシーが保護されません」とメッセージが表示されます。最後にSSL化します。

WordPressのインストール(インストールするドメインは http:// を選択)

WordPressをインストールするディレクトリとURL
WordPressをインストールするディレクトリとURL
インストールするドメインプルダウンで http:// 選択する
バージョン推奨
言語プルダウンで選択

管理者ユーザー名と管理者パスワードはWordPressのダッシュボードへのログインに必要です。

管理者ユーザー名サイトのユーザー名
管理者パスワードサイトの管理画面のパスワード
管理者のメールアドレスログインや不具合があった場合に必要
ウェブサイトのタイトル後で変更可能
ウェブサイトのタグライン後で変更可能

移転先のWordPressをインストールする完了

WordPressのダッシュボードへのURL
WordPressのダッシュボードへのURL
sponsor

hostsファイルの設定

DNS設定前に、新しいサイトの確認ができます。

本来ならば、DNS設定しなければ、新しいサーバーのURLにアクセスできない

  • ご自身のPCの「hostsファイル」を書き加えると、ご自身のPCでのみ、DNS設定前に新しいのサイトにアクセスできる

新しいサーバーのサイトを多くの人に発信することができます。

hostsファイルの設定

DNSを設定することなく、ご自身のPCでのみ新しいサーバーのサイトを見ることができます。

ご自身のPCのhostsファイルを利用し

  • IPアドレス(例 231.45.678.91)とドメイン(例 example.com)を結びつける

hostsファイルの設定の手順

  1. メモ帳を右クリックし「管理者として実行」で開く
  2. 「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」→「はい」
  3. 「フォイル」→「開く」
  4. ファイル名欄に「C:\windows\system32\drivers\etc\hosts」と入力→開く
  5. 一番下に 画像のようにIPアドレスとドメイン名を追加
  6. ファイル→保存する

メモ帳を右クリックし「管理者として実行」

hostsファイルの設定
hostsファイルの設定

「フォイル」→「開く」→「C:\windows\system32\drivers\etc\hosts」入力

hostsファイルの設定
hostsファイルの設定

IPアドレス(例 123.45.678.91)とドメイン(例 example.com)を追加

hostsファイルの設定
hostsファイルの設定

保存

hostsファイルの設定
hostsファイルの設定

サーバー移行作業が終わったら、hostsファイルに追加した設定は削除すること

sponsor

hostsファイルが機能しているか新しいサイトにアクセスする

  • http://example.com にアクセスする

これで新しいサイト(移行先)が表示されます。

もし「この接続ではプライバシーが保護されません」とメッセージが表示され、接続できません。

と表示された場合は、次のことを確認します。

「この接続ではプライバシーが保護されません」と表示された場合の対処
「この接続ではプライバシーが保護されません」と表示された場合の対処
  • 「http://」にアクセスしているかURLを確認
  • ブラウザのキャッシュを削除する

ブラウザのキャッシュを削除する手順

  1. 右上の三点メニュー→「その他のツール」をクリック
  2. 閲覧履歴の消去
  3. 「キャッシュされた画像をファイル」にチェックを入れる
  4. 「データの消去」をクリック
「この接続ではプライバシーが保護されません」と表示された場合の対処
「この接続ではプライバシーが保護されません」と表示された場合の対処

これで移行先の新しいサイトが表示されます。移行元のサイトを開いた後、移行先のサイトを開く場合はキャッシュを削除して下さい。

sponsor

移行先のサーバーにファイルをインポートする

新しいサイトの管理画面は

  • http://example.com/wp-admin/

コアサーバーV2の移行先のサーバーでWordPressの管理画面にアクセスする手順

  1. 「ツール」→「アプリインストール」→「マイ・アプリ」
  2. 「ドメイン名/wp-admin/」をクリック

All-in-One WP Migration をインストール

移行先でも「All-in-One WP Migration 」をインストールします。

  • 「All-in-One WP Migration」をインストール→有効化

All-in-One WP Migration でファイルをインポートする

  1. 「ルーツ」→「All-in-One WP Migration」を開く
  2. インポート先→「ファイル」
  3. 移行元からエクスポートしたファイルを選択する
  4. 最終確認のメッセージ→「開始」
  5. インポートが終了→「パーマリンク構造を保存する」にチェックを入れ完了
  6. ログイン画面が表示される
  7. 移行前のWordPressのログイン情報を入力する
  8. 移行先のWordPressの管理画面が表示される
  9. パーマリンク設定画面が表示されるので「変更を保存」をクリック

インポート先→「ファイル」を選択

「All-in-One WP Migration 」でインポート
「All-in-One WP Migration 」でインポート

インポートが終了→「パーマリンク構造を保存する」→完了

「All-in-One WP Migration 」でインポート
「All-in-One WP Migration 」でインポート

ファイルのサイズやインポートする時間により失敗する場合

.htaccessの設定を変更し、インポートするサイズと時間の制限を変更します。

sponsor

メディアライブラリ(メディアファイル)をエクスポート

All-in-One WP Migration で移行するサイズが512MBを超えた場合、後でメディアファイルのみエクスポート→インポートします。

  • メディアファイルは「uploads」にある

バックアッププラグインを利用する

移行元でバックアッププラグインを利用している場合、All-in-One WP Migration で既に移行先にバックアッププラグインがインストールされ、バックアップデータがあるのでアップロードデータ「uploads」を復元します。

移行先へメディアファイルをインポートする
移行先へメディアファイルをインポートする

データベースの復元はしない方がいいかと思います。

移行先へメディアファイルをインポートする
移行先へメディアファイルをインポートする

復元が完了

移行先へメディアファイルをインポートする
移行先へメディアファイルをインポートする

バックアップデータを利用しない場合

All-in-One WP Migration で移行先へインポートが終わった後に、移行元のuploads フォルダを、移行先にインポートします。

移行元のメディアファイルの場所

  • /public_html/ドメイン/wp-content/uploads/wp-content/uploads

uploads フォルダにメディアファイルがあります。

移行先へメディアファイルのインポート
移行先へメディアファイルのインポート

移行先のメディアファイルをインポートする場所

上でエクスポートしたメディアファイルを移行先へインポートします。

  • /wp-content/uploads/wp-content/uploads

「ツール」→「ファイルマネージャー」を開く

移行先へメディアファイルのインポート
移行先へメディアファイルのインポート
sponsor

移行先のサイトの確認

  • 「http://~」にアクセスする
  • .htaccessの設定を変更した場合は追加した部分を削除する(.htaccessの設定を元に戻す)

この方が安心

移行元のサーバーと移行先のサーバー、両方に全く同じサイトができます。どちらにアクセスしているかわかるように一部変更しておくと間違いがないかと思います。

(例)タイトルに★を付けておく

  • 私のブログ←移行元のサイト
  • 私のブログ★←移行先の新しいサイト
sponsor

DNS設定

サイトに問題なければ、DNSの設定をします。

DNSの設定の手順は下にリンクしたページに詳しく記載しています。

インターネット上に反映されるまで5分〜30分程度かかります。

https://help.coreserver.jp/manual/v2/wp-migration-corepress/

DNSの設定が終われば、移行元のサイトは表示されなくなり、移行先のサイトが表示されるようになります。

  • hostsファイルで追加した部分を削除し、元に戻し、保存する。
sponsor

「https://」にする(SSL化)

DNSの設定後にSSL化します。

コアサーバーV2の場合

  1. 「ツール」→「アプリインストール」→「「マイ・アプリ」
  2. 「表示/編集詳細」(工具のアイコン)をクリック
  3. 「高度な」をクリック
  4. 「場所のURL」に「https://~」を選択「全て保存」

工具のアイコンを開き「http://」→「https://」に変更できる

WordPressのダッシュボードへのURL
WordPressのダッシュボードへのURL

「https://」を確認する

「https://」(SSL化)の確認事項
「https://」(SSL化)の確認事項
sponsor

Google Adsense(アドセンス)をしている方の場合

  • ads.txt の設置と確認

ads.txt」が正しい場所にアップロードされているか、https://example.com/ads.txt へアクセスし確認します。

sponsor

All-in-One WP Migration を利用した後のファイルの削除

All-in-One WP Migrationを利用し、エクスポート終了後にバックアップが残っている場合があるので、確認します。不要ならば削除。

不要なAll in One WP Migratioファイル
不要なAll in One WP Migratioファイル

wp-content の中に「All-in-One WP Migration」のフォルダ「ai1wm-backups」がある

不要なAll in One WP Migratioファイル
不要なAll in One WP Migratioファイル

ai1wm-backups フォルダ

不要なAll in One WP Migratioファイル
不要なAll in One WP Migratioファイル

ai1wm-backups フォルダの中

不要なAll in One WP Migratioファイル
不要なAll in One WP Migratioファイル

移転後、プラグイン「All-in-One WP Migration」を削除した後に、wp-contentの中に「ai1wm-backups」フォルダが残っているので、不要ならば削除します。