WordPressに WebP ファイルをアップロードする方法

webp 画像のアップロードWP CSS
webp 画像のアップロード

次世代画像形式 WebPファイルをWPにアップロード

WebPはGoogleが開発している画像形式で、ファイルのサイズも小さく、透過性やアニメーションにも対応していることから、今後広まるであろうファイル形式です。

詳しくは下のリンクに記載しています。

このファイルタイプはセキュリティ上の理由から、許可されていません。

WordPressにWebPファイルをアップロードすると、次のように表示されます。

WebP

このファイルタイプはセキュリティ上の理由から、許可されていません。

webp 画像のアップロード
WebP 画像のアップロード

WebPファイルは、WordPressではまだサポートされていない画像形式です。functions.php に記述すると、WebPファイルをアップロードできます。

functions.php

WebPファイルのアップロードをfunctions.php

function add_file_types_to_uploads( $mimes ) {
  $mimes['webp'] = 'image/webp';
  return $mimes;
}
add_filter( 'upload_mimes', 'add_file_types_to_uploads' );

参照→WordPress サポート

WebP 画像をアップロードした場合の大きさの指定

WebPファイルをアップロードした場合、画像のサイズ「大・中・小」の表示はありません。

WebP ファイルをアップロードした場合「大中小」で指定せず、「%」で指定

webp 画像
WebP 画像

WebP ファイル(右クリックで画像を保存すると WebP ファイルだとわかります)

webp 画像
WebP 画像

JPEGファイル

JPEGファイル
JPEGファイル

プラグインを利用してWebP を表示する

プラグインを利用する利点

  • 既にアップロードしているファイルも WebP に変換できる
  • 自動生成ファイルの管理・最適化できる
  • ほかのブラウザでは元の画像を提供し、対応するブラウザ用では画像を次世代の形式に変換

WebP ファイルをアップロードした場合とプラグインで変換した場合の比較

WebP ファイルをアップロードした場合と、JPEG ファイルをアップロードした後にプラグインで WebP に変換した場合の保存さえたファイルです。

  • 赤枠 WebP をアップロードした場合
  • 青枠 JPEG をアップロードした後にプラグインで WebP に変換した場合

プラグインで元のファイル JPEG は削除できます。

webp ファイル
webp ファイル

WordPressは素早く画像を表示させるために、様々なサイズの画像を自動生成します。WebP ファイル をアップロードした場合、自動生成されていません。

ほかのブラウザでは元の画像を提供し、対応するブラウザ用では画像を次世代の形式に変換

多くのブラウザで Webb ファイル対応となりましたが、古いブラウザやOSは非対応です。

非対応のブラウザ

  • Mozilla Firefox 64以前
  • Safari 13以前

プラグインで WebP に変換する

プラグインで簡単に WebP ファイルに変換できます。「EWWW Image Optimizer」は無料でWebPファイルに変換できるプラグインです。詳しくは下のリンクをご参照ください。

タイトルとURLをコピーしました