WordPressのエディタGutenberg (Block Editor)の簡単で便利な使い方

Block EditorWP 設定
Block Editor

WordPressのエディター Gutenberg (Block Editor)

WordPressのエディター Gutenberg (グーデンベルグ)は、ブロック毎に分け投稿できます。

WordPressは日々進化しています。WordPressのアップデートにより、エディター Gutenbergは使いやすくなってます。

ブロックの移動の仕方

ブロックの移動は2つ以上のブロックを同時に移動させることもできます。移動させたいブロックを選択(カーソルで反転させる)し、下または上を選びます。

Block Editor
Block Editor

Gutenberg (Block Editor)の利点

メディアの挿入・並べ替え・スタイルの設定が簡単になりました。

次のことが簡単にできます。

  1. 文章の途中に余白を入れる
  2. 文章の途中を2分割(カラム)以上にする
  3. 写真を横並びにする
  4. リンクボタンを設置する
  5. ダウンロードボタンを設置する
  6. 2ページ以上にする(改ページ)

ブロックの追加は+アイコンをクリックし、検索すると簡単に見つけることができます。

Advertisements

文章の途中に余白を入れるスペーサー

レイアウト要素でスペーサーを選択し、好きな大きさの余白を入れることができます。

  1. ブロックの追加(+アイコン)をクリック
  2. スペーサーを検索し選択する
  3. 好きな大きさまで青い丸を広げる

ブロック毎にレイアウトを変更する

記事の中の一部を分割したり、余白を入れたり、ブロック毎にレイアウトを変更できます。

本文の途中を4カラムに分割する

  1. カラムを検索し選択する
  2. 1つのブロックを2つのブロックに分かれる
  3. +でブロック内のレイアウトなどを指定する

画像は、2カラムを更に2カラムして、4カラムにしています。

Block Editor
Block Editor

写真の投稿が簡単

新しいエディター Block Editor(Gutenberg)は、メディアコンテンツの挿入がとても簡単です。

投稿画面の右上の設定(歯車のアイコン)をクリックすると、サイドバーツールが表示され、文書や各ブロック毎の細かい設定ができます。

ギャラリーで写真を横並びに投稿する

  1. 一般ブロックでギャラリーを選択する
  2. 掲載したい写真をアップロードまたは複数選ぶ
  3. ギャラリー作成をクリック
  4. 投稿画面の左側でカスタムする
Block Editor
Block Editor
Advertisements

画像(メディア)の横に文章を入れる

レイアウト要素ブロックメディアと文章を選択すると次のように投稿できます。

Block Editor
Block Editor

画像にタイトルを入れる

一般ブロックカバーを選択すると次のような投稿ができます。

Block Editor
Block Editor

ギャラリー・スライドショー・タイルギャラリーの設定も簡単

ギャラリー

スライドショー

  • 画像のCSSフィルター

タイルギャラリー

ボタンの設置が簡単

ファイルをダウンロードするボタンやリンクのボタンを簡単に設置できます。

ボタンを設置する

レイアウト要素でボタンを選択すれば、ボタンを設置できます。ボタンの名前、リンクするURLを入力します。ボタンの色や形、文字の色は変更できます。

Block Editor
Block Editor

ファイルを表示するボタンをつける

  1. 一般ブロックのファイルを選択する
  2. ファイルをアップロードまたは選ぶ
  3. 選択をクリック

↓次のように表示されます。

改ページの設置が簡単

レイアウト要素から改ページを選ぶだけです。

Advertisements
タイトルとURLをコピーしました