AMP for WP / AMPの広告の設定

AMP-for-WPWP プラグイン
AMP-for-WP

AMPのページに広告を簡単に貼る方法

AMPのページに広告を貼る方法は様々な方法がありますが、簡単にウェブサイトをAMP対応にして、広告を貼ることができるプラグイン「AMP for WP」の設定について記載します。

#1~#6、下記の6カ所を選んで広告を貼ることができます。

画像はリンクユニット広告 AD#5 タイトルの下に広告を貼っています。

AMP-for-WP
AMP-for-WP

AMP for WP の設定

Accelerated Mobile Pages
Accelerated Mobile Pages
Advertisements

広告(Advertisement)の設定

  • 左側の項目よりSetup→Advertisementへ
AMP-for-WP
AMP-for-WP
Advertisements
  1. 広告を設置する場所をONにする
  2. 7通りのサイズから広告の大きさを選ぶ
  3. Data AD Client(発行者ID)を入力
  4. Data AD Slot(広告スロットID)を入力
  5. Responsive Ad unit(レスポンシブをON)
  6. 広告のラベルの表示をON/OFF

広告の位置の設定

広告を設置する場所(AD#1~#6)をオンにします。

AD#1Headerの下
AD#2Footerの下
AD#3投稿コンテンツの上
AD#4投稿コンテンツの下
AD#5タイトルの下
AD#6関連記事の上

レスポンシブ広告コードの取得

レスポンシブ広告は、ページのレイアウトやユーザーのデバイスに合わせて自動的にサイズが調整されます。

Goodle Adsense

Adsenseによると、レスポンシブ広告の方が広告掲載率が上がっているとのことです。

AMP-for-WP
レスポンシブ広告

広告ユニットを作る時のサイズの選択でレスポンシブを選びます。

AMPの広告の設定「Data AD Client」と「Data AD Slot」について

  1. Google AdSenceにログイン
  2. 広告-サマリー→広告ごとを開く
  3. 利用する広告の種類を選び広告コードをコピーする

広告コード

amp-ad width=”100vw” height=”320″
type=”adsense”
data-ad-client=”ca-pub-1234567890123456
data-ad-slot=”1234567890
data-auto-format=”rspv”
data-full-width=””>
<div overflow=””></div>
</amp-ad>

必要なコードは赤文字の部分です。

Data AD Clientca-pub-1234567890123456を入力
Data AD Slotdata-ad-slotの1234567890を入力
Responsive Ad unitレスポンシブ広告の場合はオン
  • サイト運営者ID ca-pub-123456789
  • Data AD Slot 12345678

レスポンシブ広告 AD#1 Headerの下

AMP-for-WP
AMP-for-WP

AMP for WP の広告以外の設定は下のリンクへ

AMPページのCSSを編集する - webNote / WPとゲーム
Advertisements- 目次 A...
Advertisements
タイトルとURLをコピーしました